本文へスキップ

間質性肺炎(特発性器質化肺炎)の発病から入退院を経た治療の記録です。

間質性肺炎の発病と治療の経過(抜粋)HEADLINE

発病から入院、通院の概略(抜粋)です

  1. 発病から治療までの経過
    発病 平成26年11月15日〜11月24日(10日間)
    概要:初めの3日間ほどは微熱があり。その後は37〜39℃台の熱が出る。
    11/20 風邪薬購入し服用するが効果なし。熱と咳のため毎日のウォーキングを中止する。
  2. 最初の治療 平成26年11月25日〜12月9日(15日間)
    概要:行きつけの、S病院の呼吸器内科で肺炎の診断を受ける。抗生物質の治療を受けるも好転せず。北里大学病院への紹介を受け検査をする。
    • 11/25 S病院で肺炎の診断を受ける。抗生物質アモキシシリンカプセル250mg(合成ペニシリン製剤)と解熱剤、咳止めを服用する。CRP定量:23.66。
    • 12/2 S病院で前回の抗生物質が全く効かないため、北里大学病院での検査を勧められ紹介を受ける。ジェニナック錠200mg(合成抗菌剤)などの処方を受ける。これを服用するも全く効果なし。CRP定量:16.34。
    • 12/8 北里大学病院で血液検査、X線撮影をする。気管支鏡検査の説明を受け予約をする。
  3. 入院・治療・退院:平成26年12月10日〜27年1月20日(42日間)
    間質性肺炎での入院・退院・治療
    概要:北里大学病院の呼吸器内科にて肺の気管支鏡検査等を受け即日入院となる。この時血液中の酸素飽和度88%。翌日よりステロイド剤(プレドニン)の点滴を受ける。急速に肺炎の症状は改善し熱や咳も収まってくる。途中から点滴ステロイド剤が増量され2週間継続される。その後はステロイド剤の減薬を行いながら退院となる。 入院期間中は採血とX線撮影が10回(平均4日おき位)あった。
    • 12/10 北里大学病院で気管支鏡検査などの結果、即日入院となる
    • 12/11 CT、超音波検査等を行う。点滴ステロイド剤開始。ステロイドの副作用のためか?霧視(むし)や言語障害が現われる。
    • 12/12〜12/19 点滴ステロイド剤により熱が下がり、咳も少なくなる。病室が個室から大部屋へ変わる。
    • 12/19 病棟内ウォーキングの練習をする
    • 12/20〜1/2 点滴ステロイド剤が増量される。本格的にウォーキングを開始する
    • 12/24 CT検査あり。病名(特発性間質性肺炎との診断)と病状の説明を受ける
    • 12/26 病室が無料大部屋に変わる
    • 12/28 血中酸素濃度が向上し、酸素チューブ(鼻カニュラ)が外れる
    • 12/29 初めて外泊をする(自宅でシャワーを使う)
    • 1/3〜1/16 点滴ステロイド剤の減薬開始
    • 1/6  病棟内でシャワーを使用する
    • 1/8  半日外出し自宅へ戻る(朝〜夕方迄)
    • 1/15  半日外出し自宅へ戻る(朝〜夕方迄。シャワーを使う)退院に備えて不要な荷物を持ち帰る
    • 1/16  点滴ステロイド剤終了
    • 1/17〜1/20 点滴に代わりプレドニン錠5mg、1日6錠服用。ネキシュームカプセル20mg、バクタ配合錠、カルフィーナ錠各1錠も服用する。
    • 1/20  症状安定のため退院し今後は通院治療となる
  4. 通院治療 平成27年1月21日より通院〜現在も継続中。
    概要:通院しながらステロイド剤の減薬治療を行う。ステロイド剤(プレドニン5mg)の服用を徐々に減らしていく。ネキシュームカプセル20mg、バクタ配合錠、カルフィーナ錠も服用する。1/21〜1/29 プレドニン5mg,1日6錠を服用する
    • 1/30 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:423。CRP定量:0.03。症状安定。ステロイド減量の処方 1/31〜2/13 プレドニン5mg、1日4錠2週間服用。
    • 2/13 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:431。CRP定量:0.10。症状安定。ステロイド減量の処方2/14〜3/13 プレドニン5mg,1日3錠2週間服用。プレドニン5mg,1日2錠2週間服用。
    • 3/13 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:325。CRP定量:0.07。症状安定。ステロイド減量の処方3/14〜4/10 プレドニン5mg,1日1錠2週間服用。プレドニン5mg,1日0.5錠2週間服用。
    • 4/10 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:424。 CRP定量:7.70。間質性肺炎が再発する。ステロイド増量の処方 4/11〜4/27 プレドニン5mg,1日4錠18日服用。ネキシュームカプセル20mg、バクタ配合錠、カルフィーナ錠は毎朝服用。ボロナン錠35mgは週1回服用する。
    • 4/27 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:440。 CRP定量:0.05。まだ肺に少し影がある。ステロイド継続の処方 4/28〜5/15 プレドニン5mg,1日4錠18日服用。その他の薬は同上
    • 5/15 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:392。 CRP定量:0.03。症状安定。ステロイド減薬の処方5/16〜6/12 プレドニン5mg,1日3錠4週間服用。
    • 6/12 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:354。 CRP定量:0.04。症状安定。ステロイド減薬の処方6/13〜7/10 プレドニン5mg、1日2錠4週間服用。
    • 7/10 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:303。CRP定量:0.03。症状安定。ステロイド減薬の処方7/11〜8/7 プレドニン5mg,1日1錠4週間服用。 ネキシュームカプセル20mg、カルフィーナ錠は毎朝服用。ボロナン錠35mgは週1回服用する。
    • 8/7 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。 KL-6:303。CRP定量:0.43。間質性肺炎が軽度ながら2回目の再発をする。ステロイド増量の処方 8/7〜8/21 プレドニン5mg,1日2錠2週間服用。
    • 8/21 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:289。CRP定量:0.03。肺下部の影は前回同様に残る。ステロイド増量の処方 8/22〜9/4 プレドニン5mg,1日4錠2週間服用。
    • 9/4 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。 KL-6:262。CRP定量:0.03。肺下部の影は薄くなったがまだ微かにのこる。ステロイド継続の処方 9/5〜9/18 プレドニン5mg,1日4錠2週間服用。
    • 9/18 K大学病院通院、X線撮影。 血液検査はなし。肺下部の影はほぼ完全になくなった。ステロイド漸減の処方 9/19〜10/16 プレドニン5mg,1日3錠4週間服用。
    • 10/16 K大学病院通院、X線撮影。 血液検査はなし。肺下部に前回同様影はない。ステロイド漸減の処方を受ける 10/17〜10/30 プレドニン5mg,1日2.5錠2週間服用。10/31〜11/13 プレドニン5mg,1日2錠2週間服用。
    • 11/13 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:335。CRP定量:0.24。血液検査、X線撮影とも特に異常なし。そのため引き続きステロイドを漸減する 11/14〜11/27 プレドニン5mg,1日1.5錠2週間服用。11/28〜12/11 プレドニン5mg,1日1錠2週間服用。
    • 12/11 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:298。CRP定量:0.20。血液検査、X線撮影とも特に異常なし。そのため引き続きステロイドを漸減する 12/12〜1/8 プレドニン5mg,1日0.5錠(2.5mg) 4週間服用。
    • 平成28年1/8 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:349。CRP定量:0.77。主治医の話ではCRP定量値はやや高いが、この程度なら問題なしとのことである。X線撮影は特に異常なし。念のため治療をあと1か月継続し様子をみることになる。1/9〜2/5 プレドニン5mg,1日0.5錠(2.5mg) 4週間服用予定。
    • 2/5 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:266。CRP定量:0.10。血液検査、X線撮影とも特に異常なし。本来なら治療終了となるが他の病気治療のためステロイド服用は継続する。
    • 3/18 K大学病院通院、X線撮影、血液検査。KL-6:292。CRP定量:0.58。血液検査、X線撮影とも特に異常なし。ステロイドの服用は終了となる。 今後は最初のS病院に戻り診察を受ける。
    • 4/14 S病院通院、X線撮影。K大学病院からS病院へ。病院を変えての通院となる。ステロイド(プレドニン=プレドニゾロン)の服用を止めてから1か月以上経過した。最初のS病院へ戻っての治療となる。今回はX線撮影のみ行ったが異常はなかった。
    • 6/2 S病院通院、X線撮影、血液検査。ステロイドをやめてから80日経過。今日のX線撮影で右下に影あり、間質性肺炎が3回目の再発。このあと血液検査を行う。CRP定量:0.07。今後はしばらくステロイドを再服用する。薬の名前が変わって、プレドニゾロン5mg,1日3錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 6/16 S病院通院、X線撮影。X線撮影の結果は影がなくなり改善していた。ステロイドの減量:今後2週間はプレドニゾロン5mg,1日2.5錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 6/30 S病院通院、X線撮影。ステロイド減量:今後2週間はプレドニゾロン5mg,1日2錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 7/14 S病院通院、X線撮影。ステロイド減量:今後2週間はプレドニゾロン5mg,1日1.5錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 7/28 S病院通院、X線撮影。ステロイド減量:今後4週間はプレドニゾロン5mg,1日1錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 8/18 S病院通院、X線撮影、血液検査。CRP定量:0.85。ステロイド減量:今後9週間はプレドニゾロン5mg,1日1錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 9/15 S病院通院、X線撮影。ステロイド減量:今後4週間はプレドニゾロン5mg,1日1錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 11/17 S病院通院、X線撮影。ステロイド減量:今後8週間はプレドニゾロン5mg,1日0.5錠服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。サプリメントはナットウキナーゼとルチンを摂取します。
    • 平成29年1月12日 S病院通院、X線撮影。プレドニゾロンの服用中止。サプリメントのナットウキナーゼとルチンは継続。
    • 3/16 S病院通院、X線撮影、血液検査。CRP定量:1.72。間質性肺炎が4回目の再発。X線撮影では左上部にかなりくっきりした影がある。感染症の疑いはなし。先生には1日4錠を勧められたが、自分の希望で今後2週間はプレドニゾロン5mg,1日2錠(10mg)を服用する。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。再発したのでサプリメントのナットウキナーゼとルチンは効果なしと考え中止する。
    • 3/30 S病院通院、X線撮影。ステロイド服用: レントゲン撮影で肺の影は消えない。やはり先生の言うように2錠では改善しないようだ。そのためステロイドを増量する。今後12日間はプレドニゾロン5mg,1日4錠(20mg)服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。
    • 4/10 S病院通院、X線撮影。ステロイド服用:肺の影は前回と同様に薄い影が残っている。現状維持で今後2週間はプレドニゾロン5mg,1日4錠(20mg)服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。バクタ配合顆粒1g,1包。
    • 4/24 S病院通院、X線撮影、血液検査。肺の影はだいぶ薄くなり微かに見える程度。CRP定量:0.03。ステロイド減量:今後3週間はプレドニゾロン5mg,1日3錠(15mg)服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。バクタ配合顆粒1g,1包。リセドロン酸Na錠17.5mg,週1回。
    • 5/15 S病院通院、X線撮影、血液検査。X線撮影の結果は影がなくなり改善していた。総コレステロールとLDLコレステロール値が高い。CRP定量:0.29。ステロイド減量:今後3週間はプレドニゾロン5mg,1日2.5錠(12.5mg)服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。バクタ配合顆粒1g,1包。リセドロン酸Na錠17.5mg,週1回。
    • 6/5 S病院通院、X線撮影は異常なし。血液検査で総コレステロールとLDLコレステロール値が高い。CRP定量:0.04。ステロイド減量:今後4週間はプレドニゾロン5mg,1日2錠(10mg)服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。バクタ配合顆粒1g,1包。リセドロン酸Na錠17.5mg,週1回。
    • 7/3 S病院通院、X線撮影は異常なし。血液検査で総コレステロールとLDLコレステロール値が高い。CRP定量:0.03。ステロイド減量:今後4週間はプレドニゾロン5mg,1日1.5錠(7.5mg)服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。リセドロン酸Na錠17.5mg,週1回。
    • 7/31 S病院通院、X線撮影は異常なし。血液検査で総コレステロールと中性脂肪値が高い。CRP定量:0.03。ステロイド減量:今後4週間はプレドニゾロン5mg,1日1錠(5mg)服用。ランソプラゾールOD錠,1日1錠(胃薬)。リセドロン酸Na錠17.5mg,週1回。




バナースペース

間質性肺炎の治療記録
http://www.kenko.mints.ne.jp/

スマートフォン対応


私の前立腺がん治療記録