本文へスキップ

間質性肺炎(特発性器質化肺炎)の発病から入退院を経た治療の記録です。


  病状日誌を再開しました。

はじめに

  • プロフィール
    神奈川県に住んで40年近くになります。若いころは製造会社などで働いていました。その後は営業職に変わりました。60歳を過ぎてから会社を辞めインターネット関係を自営し現在も続けています。登山や山歩きが好きで59歳の時に山歩きの会を設立し十数年続けていました。間質性肺炎を発病するまで病気知らずでした。妻と一男一女、1942年生まれ、東京都品川区出身。
  • このサイトは、間質性肺炎(特発性器質化肺炎)の発病から入退院を経た治療記録です。
    間質性肺炎は症状などにより7種類に分類できるとされています。特発性器質化肺炎はその内の一つです。ここでは特発性器質化肺炎を間質性肺炎に含まれるものとして同等の表現をしています。
    間質性肺炎は私自身にとって思いもかけない病気であり、一般的にもあまり知られていない病気です。そのため間質性肺炎を治療中の方やご家族の方、また少しでも関心のある方の参考になればと思い公開致しました。黒字の文章は私の病状記録です。そして茶色の文章は間質性肺炎の説明文です。上から順に読んでいただくと間質性肺炎が、どのような病気かが大体お分かりいただけるものと思います。
  • 「間質性肺炎」という聞いたこともない病気にかかってしまった!
    今まで病気らしい病気をしたことがなく、病気に対しても無関心で肺炎という病気は1種類だけだと思っていた。この病気になってから肺炎という病気には、原因や分類などにより数多くの種類があることを知る。しかも「間質性肺炎」は肺炎の中でも難病とされているらしい。余命とか予後とか再発とか急性増悪(きゅうせいぞうあく)とか刺激的な言葉がたくさん出てくる。とにかく「容易ならざる病気になってしまった」と思った。そのため12年間続けてきた山歩き会管理人を降りることにした。覚悟を決めて病気に専念して、治ったらまた山へ登ればいいと考えた。
  • 病気の始まりはこんな感じでした
    間質性肺炎の始まり
    「少し熱っぽいかな?」そう感じたのは平成26年11月のある日でした。
    昔は年に1度くらいは風邪を引いていましたが、ここ10数年は風邪を引いたこともありませんでした。もっとも風邪の引き始めと思われる微熱があることがたまにあり、そんな時は市販の風邪薬を飲んでおくと翌日はその微熱もなくなっていました。それで今回もその「風邪の引き始めかな」と思い、あまり気にもしなかったのです。そんな微熱が3日間続いた後、急に熱が高くなってきたのです。熱は37〜39度台で、これはまずいと思い市販の風邪薬を飲んで様子を見ました。風邪薬を飲んでも一向に良くなりません。最初は全く出なかった咳が出るようになってきました。
  • 私の場合、風邪を引く時は必ず喉が赤く腫れて痛くなります。
    しかし今回は不思議なことに喉が痛くならないのです。咳も空咳のような感じで胸のほうから「コホンコホン」出るような感じなのです。だから、風邪にしてはおかしいなと感じました。こんな状態が4日ほど経って病院へ行こうと思ったとき、土曜日からの3連休になり病院も休みで、行きそびれてしまいました。連休明けの火曜日の朝、熱を測るとやはり38度台です。もうこうなると、かかりつけの近くの病院へ行って早急に見てもらうしかありません。ここの病院はもう20数年来、尿酸(痛風)とコレステロールの薬を処方してもらっています。
  • 肺炎と診断される
    最初の微熱から既に10日ほどが経っていました。
    自分の対応が遅い感じで、もう少し早く行けばよかったと後悔してしまいます。いつも行き慣れている病院ですが、違う病気なので初診票を記入します。呼吸器内科で呼ばれて問診を受けます。まだ若い30代くらいの女性医師です。インフルエンザ検査と、血液検査、そしてX線とCTの検査も受けることになります。再度呼ばれて検査の結果の説明を受けます。インフルエンザは陰性でした。しかし、X線画像は肺の上部に白い影があります。そして血液検査や、CTの検査結果から肺炎(細菌性)ではないかとの診断結果でした。抗生物質と解熱剤、咳止めの薬を処方してもらってその日から飲み始めます。抗生物質はすぐ効くものと期待しましたが、3日経っても5日経っても熱は下がりません。そして咳も以前より多くなったような感じです。
    1週間目に再度血液検査とX線撮影をして呼吸器内科の診断を受けます。
    X線写真は1週間前とほとんど変わっていませんでした。そこで先生から北里大学病院での詳しい検査を勧められ、6日後に検査に行くことにしました。担当の先生は週1回このS病院で診察する非常勤医師のようです。だが常勤は北里大学病院のようです。そのため同じ先生ですがS病院から北里大学病院へ紹介する形をとって検査を受けることになります。今日のところは気管支炎に効く抗生物質を処方してもらって飲み始めます。5日経過しましたが熱は一向に下がらず咳も相変わらずです。自宅マンションの3階への階段を上ると息が切れるようになりました。そして明日、北里大学病院での検査の日がやってきます。




バナースペース

間質性肺炎の治療記録
http://www.kenko.mints.ne.jp/

スマートフォン対応


私の前立腺がん治療記録